愛猫ゴン逝く

画像は約ひと月前のゴン。ここ3ヶ月くらいは家の中の土間で過ごしてました。たまに聞こえてくる彼の気持ち良さそうな寝息に仕事中癒されてました。

画像は約ひと月前のゴン。ここ3ヶ月くらいは家の中の土間で過ごしてました。たまに聞こえてくる彼の気持ち良さそうな寝息に仕事中癒されてました。

 相棒の猫、ゴンが旅立ちました。2007年に怪我をして我が家の軒下に迷い込んで来て以来12年、ともに過ごして来ました。里山の一軒家で引きこもりのような生活を続けてこれたのも彼がいてくれたおかげです。ゴン、今までありがとう!


在りし日のゴンの動画です。↓
口笛での呼び戻しも応じてくれてました。
うれしい時の感情表現は仰向けになるゴロゴロ!
ほめる時は思い切りモフモフのお腹を手でゴシゴシしてました。

我妻淳 の紹介

栃木県那珂川町で青白磁・白磁を中心とした磁器を制作してます。
カテゴリー: ゴンのつぶやき, ボンビー陶芸家の日常 パーマリンク

愛猫ゴン逝く への2件のフィードバック

  1. 雪虫。 のコメント:

    相棒ゴンさんとは信頼しあい本当に心が通いあう仲だったのだと思います。
    我妻さんと過ごした12年はゴンさんにとっても幸せな時間だったはずです。
    肉体がなくなっても、ゴンさんの心は相棒である我妻さんの側にあり、幸せを願う事でしょう。
    ご冥福をお祈りします。

    • 我妻淳 のコメント:

      どうもありがとうございます。
      彼が旅立つまでの2週間くらい、介護で疲弊していたので少しホッとした気持ちもありました。
      本格的なゴンロスはこれからかもしれません…。
      でもやれることはやったので悔いはありません。

コメントは停止中です。