黒あげは

 庭で満開のキスゲ。何気なく眺めてたらひとつの花に何か異物が…。近づいてみたら黒いあげは蝶だった。この季節、この黒いあげは蝶がさつきやつつじの花の蜜を求めてたくさんやって来て、羽をはばたかせながら花に乗って蜜を吸っている。が、このあげはは食虫植物に変身したキスゲに捕食されたかのようにぴくりとも動かない。カメラを持って戻ってきてもまだそのままの状態。きれいな羽ではばたいて飛び立つ瞬間を捉えようと接写の体勢で待っていたけど腰が痛くなってきてあきらめた。わき目もふらずに蜜を吸うことに熱中している黒いあげは蝶。わき目もふらずひとつのことに熱中出来た若い頃が懐かしい。いかんいかん、わき目もふらず仕事に熱中しよう。


我妻淳 の紹介

栃木県那珂川町で青白磁・白磁を中心とした磁器を制作してます。
カテゴリー: ボンビー陶芸家の日常 パーマリンク