空の殻を飲み込むアオダイショウ

空の殻を飲み込むアオダイショウ1 田舎暮らしの特権のひとつに生ゴミの庭捨てがある。勝手口から裏山のほうへポイポイすると数ヶ月でなんとなく腐葉土っぽくなってしまう。先日、いつものようにポイするために勝手口を開けると全長1メートルを余裕で超えるコブラのようなヘビがいてビツクリしてしまった。空の殻を飲み込むアオダイショウ2よく見ると大口を開けて空の卵の殻を必死に飲み込もうとしているアオダイショウ(たぶん)だった。普通だったら人影を察知するとスルスルと逃げていくはずだが、あごの関節をはずしていて動きずらいのか丸見えなのに気配を消していないフリをしている。ゾッとしつつカメラを持つ手を伸ばして記念にパチリ。その後、もしかしたら我が家の守り神かもしれないヘビに恥をかかせないよう、静かに勝手口から家にもどった。

——————————————————————
那須あーとクラフトフェア<10月5日(土)、6日(日)>に出店します。
詳細は→コチラ


我妻淳 の紹介

栃木県那珂川町で青白磁・白磁を中心とした磁器を制作してます。
カテゴリー: ボンビー陶芸家の日常 パーマリンク