けんちんうどん

16120901 ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で、登場人物の平匡が言う“プロの独身”という言葉がミョーに腑に落ちる。

 私は独り身なのであるが、よく「食事はどうしてるの?」とか「料理はできるの?」とか訊かれることも多く、時に「何が作れるの?」とか訊かれると答えるのが億劫になってしまうこともある。

 飲食店やコンビニがある町中まで、クルマで15分くらいかかる田舎のさらに田舎に住んでいることや経済効率からして、キホン食事は自炊である。体調が気になるお年頃であるから、多少栄養バランスなど気にしながらその時々の安価な食材で生命を維持するためテキトーに料理する。

 今日の昼メシは大根、里芋、人参など根菜類が主役のけんちんうどん。ドラマ『深夜食堂』のオープニング映像を思い描き料理した。風味付けに胡麻油と辣油をまわし掛け、刻みネギといただき物のゆずを添えて完成。この程度の料理はできるのです。なにしろ年季の入った“プロの独身”、ですから(笑)。


我妻淳 の紹介

栃木県那珂川町で青白磁・白磁を中心とした磁器を制作してます。
カテゴリー: ボンビー陶芸家の日常 パーマリンク