ユキノシタ

 
 住居の周辺に雨が降ると流れが出来る水路がある。毎年この季節には「ユキノシタ」が満開になってにぎやかになる。遠目には小さな白い花だが、近くでよく見ると可憐だけど少し自己主張の強い不思議な色かたちをしている。私は食べたことないが、葉っぱは山菜として天ぷらやおひたしにも用いられるらしい。
 6月に入り山の木々の緑もどんどん濃くなってきた。農作物の成長も早くなってきてるようだ。梅雨入りが早かったぶんだけ明けも早くなればいいのになぁ。

何の花でしょう?
<答えはクリック!>


我妻淳 の紹介

栃木県那珂川町で青白磁・白磁を中心とした磁器を制作してます。
カテゴリー: ボンビー陶芸家の日常 パーマリンク

ユキノシタ への2件のフィードバック

  1. norie のコメント:

    初めてコメントさせて頂きます☆
    いつも陶器市などでは大変お世話になっております。

    ゴンちゃん、すごく可愛いですね~。猫の姿は本当に癒されます。
    「ユキノシタ」、食べられるんですね。初めて知りました。
    我が家でも紫色の花が咲いていて、収穫が楽しみなんです。

    ようやくホームページの大まかな整理を終えました。
    我妻さんの作品も勝手ながら載せています。

    いつか馬頭のお仕事場へお邪魔してみたいです。

    また個展など楽しみにしています♪

    • 我妻淳 のコメント:

      norieさん、いつもありがとうございます。「ユキノシタ」、私は食べたことないです。葉っぱを食べるらしいのですが見た目ちょいと食べられるのかなぁって感じですよね。近くにお越しの際は馬頭の拙宅にお立ち寄りください。またお会いできることを楽しみにしてます!

コメントは停止中です。