はつもうで

 何年ぶりかもわからないくらい、ひさびさに正月三が日に初詣に行ってきた。向かった先は栃木県(那珂川町)と茨城県の県境に位置する鷲子山上神社(とりのこさんしょうじんじゃ)。参道入り口の大鳥居の前にある県境を示す看板を撮影しようとデジカメを構えたら、記録用のメモリカードを装着し忘れていた。年明けそうそう、今年一年が思いやられるようなトホホな気分を切り替えてケータイ(かなり旧式の…)にて以後撮影。県境のど真ん中に立地しているので、途中、警らの栃木県警と茨城県警の警察車両が仲良く並んでいる珍しい光景も見られた。大鳥居をくぐり手水舎へ。手と口を清めようと柄杓を手に取ろうとしたら、先ほど先客が使ったばかりの柄杓が石製の水盤に見事に凍り付いていた(ブルッ)。エイやと勢い良く柄杓を取り上げ身を清め、長い石段をのぼり本堂での参拝を無事に終了。
 こちらの神社ではフクロウの石像が至るところに安置されている。御祭神は天日鷲命(アメノヒワシノミコト)といわれる鳥の神様で、いにしえよりフクロウが大神様の御使いとしてまた幸福を呼ぶ神鳥として崇敬されているところから境内に多くのフクロウ像があるそうだ。
 そして、今回のもうひとつの目的である隣接する本宮神社へ。こちらは、ここで祈願した人の宝くじの高額当選が続出してここ数年話題になってるスポット(パワースポット?)。金色の巨大なフクロウ像が建立されて話題にもなったところ。“不苦労”御柱に願をかけ本堂に参拝。どうか10年以上、同じ6つの数字で週1回200円で夢を買い続けているロト6が当たりますように…(最近抽選が週2回、400円になりましたが)。
 自然災害や社会状況など、先行きが不透明でなにか心の片隅にざわざわしたシコリを感じ続けている近ごろ、ふだん不信心な私も心をあらため神様にお祈りをした2013年の三が日でした。どうか今年一年が良い年になりますように!


我妻淳 の紹介

栃木県那珂川町で青白磁・白磁を中心とした磁器を制作してます。
カテゴリー: ボンビー陶芸家の日常, 那珂川町(旧馬頭町) パーマリンク

はつもうで への2件のフィードバック

  1. 鈴木るみ子 のコメント:

    富士見が丘の魚居酒屋明かりさんのお抱え運転手をしてました鈴木るみ子です。昨年はお宅にまで伺い大変お世話になりました。今年も個展にお邪魔したいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

    • 我妻淳 のコメント:

      鈴木さま、ごぶさたしております。その節はどうもありがとうございました。
      今年もどうぞよろしくお願い致します!

コメントは停止中です。