もうぎんなん

茨城県立歴史館庭のぎんなん もう、ぎんなんが落ちる季節なんですねえ。水戸に行ったついでに立ち寄った茨城県立歴史館の庭に小雨を浴びながらたくさん落ちてました。周囲に独特な芳香をともなって…。粗塩を振って串に刺してあぶったぎんなんをつまみながらぐいっと酒をあおる、そんな光景を思い浮かべればその独特の芳香なんて気になりません。いや、その“香り”を気にしないためにずっとアタマに思い浮かべていました。ぐいっと酒をあおる光景を…。その日アタマにずっと浮かんでいたのは静岡の銘酒『喜久酔』です。中でも普通酒をグビグビっと…冷やで。


——————————————————————
那須あーとクラフトフェア<10月5日(土)、6日(日)>に出店します。
詳細は→コチラ


我妻淳 の紹介

栃木県那珂川町で青白磁・白磁を中心とした磁器を制作してます。
カテゴリー: ボンビー陶芸家の日常, 宇都宮・栃木県とその周辺 パーマリンク

もうぎんなん への2件のフィードバック

  1. SOH のコメント:

    久々にブログみたけど、なかなかいい写真とるね~
    ついでに写真家もやったら、ひまわりもいいけど、稲刈りもいいアングルだ。

    • 我妻淳 のコメント:

      SOHさま
      久々にみたなんて寂しいこと言わずにRSSでの購読をどうぞよろしく!
      写真は春に新調したデジカメのおかげかなぁ。既に型落ちのモデルだけど、スゴいね最近のデジカメは。

コメントは停止中です。