馬頭広重美術館

馬頭広重美術館 那珂川町(旧馬頭町)にある『馬頭広重美術館』に久しぶりに行ってきました。2001年に完成した同美術館は隈研吾さんによる設計でも有名で、私が移住した9年前より建築素材が周囲の環境に馴染んできて、より“自然な建築”になってきているようです。

 同館では2012年に逝去された「ゲルト・クナッパー回顧展」が開催されてました。9年前に移住して間もない頃、隣の大子町にあるクナッパー邸に行ったことがありました。小心者ゆえ門をくぐって訪ねる勇気もなく、遠くから眺めていただけでしたが…。


我妻淳 の紹介

栃木県那珂川町で青白磁・白磁を中心とした磁器を制作してます。
カテゴリー: ボンビー陶芸家の日常, 那珂川町(旧馬頭町) パーマリンク

馬頭広重美術館 への2件のフィードバック

  1. yumyum のコメント:

     ひかりの加減が心地よさそうな館内ですね。

     我妻さんのブログからは那珂川町のよさがしみじみ伝わってきます。
     那珂川町の紹介記事、楽しみにしています。

     

    • 我妻淳 のコメント:

      yumyumさま

      コメントありがとうございます。
      広重美術館を設計した隈健吾さんによる建造物は栃木県内にいろいろあります。那須町の「石の美術館」や高根沢町の「宝積寺駅」「ちょっ蔵広場」etc…。建造物巡りのツアーもできてしまいますね。
      今後も那珂川町の紹介記事書いていきますのでどうぞよろしくおねがいします!

コメントは停止中です。