フクロウ神社

フクロウ神社 境内に栃木県と茨城県の県境が引かれている鷲子山上神社。以前にも何度か記事にしているが今年も三が日を過ぎて混雑が緩和してからの初詣。本殿を参拝して毎年のルーティンであるおみくじを…すると、な、なんと大吉が…。すべての記述で“万事上手くいく”。
 久々に大吉をひいて正月太りにもかかわらず足取り軽く境内にあるもうひとつの詣で先、本宮へ。こちらは8年前に黄金色に輝く巨大フクロウ像が建立され、参拝後に宝くじが当選した人が数多く出て金運上昇のパワースポットとして近年大人気。昨年の11月にはキーテレビ局の情報番組でとりあげられ例年以上の参拝客で賑わったとか。参拝方法の案内板に従い巨大フクロウ像の4本の柱に願をかけ、中心に鎮座する御柱を備え付けの木の棒で3回叩いて抱きしめる。その後社殿に参拝して人生初めて金運上昇のお守りを購入。この日は参拝客もまばらで店番のオジサンが待ってましたとばかり色々な話をしてくれた。今まで何度も来て気にも留めなかったが、境内隅にある穴が空いた丸太は以前設置されていた御柱で、傷みが激しかったのでここで祈願して億単位の宝くじを当てたヒトが現在の御柱を奉納したとのこと。また、億単位で当選したヒトは鷲子山上神社の広い境内の中にある神水が湧き出る亀井戸の水を柄杓3杯飲んでから本宮を参拝したとか…。
 帰り際、亀井戸を探し出し水を飲んだことは言うまでもない。しかし柄杓3杯は飲めなかった。それと参拝の後に飲んだことも気がかりだ…。今年良いことがなかったら来年の参拝時には聞いた通りの順序と飲む水の量を遵守するとしよう。


我妻淳 の紹介

栃木県那珂川町で青白磁・白磁を中心とした磁器を制作してます。
カテゴリー: ボンビー陶芸家の日常, 那珂川町(旧馬頭町) パーマリンク