うら山

山の中で朽ちた木の根元に密生した苔 1年ぶりに家のうらにある龍神山に入り頂上にある祠にお参りしてきた。毎年4月のはじめに輪番の数世帯が米の豊作を祈るためお参りしていたが今は詣でる人は誰もいない。5年くらい前にふもとのお寺の境内に他のいくつかの祠をまとめて合祀したのがその理由。過疎の町では統廃合されるのは小学校や中学校だけじゃない。地域のささやかな文化や習慣が徐々に消えていくことを朽ちた木の根元に密生した苔の写真を撮りながら寂しく想う。

我妻淳 の紹介

栃木県那珂川町で青白磁・白磁を中心とした磁器を制作してます。
カテゴリー: ボンビー陶芸家の日常, 那珂川町(旧馬頭町) パーマリンク