我妻淳 のすべての投稿

栃木県那珂川町で青白磁・白磁を中心とした磁器を制作してます。

2020益子秋の陶器市が中止になりました

昨年春の陶器市
昨年春の陶器市
 この秋、10月31日から11月4日まで開催予定だった「益子秋の陶器市」が新型コロナ感染拡大防止のために中止になりました。今春に開催予定だった春の陶器市に続き2回連続の中止です。

 陶器市は一般のお客様と直接お会いすることのできる貴重なイベントです。毎回ご来場いただいているみな様ともお会いできず非常に残念です。来年の「益子春の陶器市」は無事開催できるよう疫病退散を祈るばかりです。

 「益子秋の陶器市」の代わりに「WEB版益子陶器市」が計画されています。詳細が決まり次第ご案内させていただきますのでどうぞよろしくお願い致します。

土もの(陶器)はじめました

窯変で表面にラスターが出ました
窯変で表面にラスターが出ました
 今までずっと青白磁を中心に磁器のうつわをつくり続けてきましたが、このたび土もの(陶器)のうつわを制作しました。土ものとは言っても磁器土も混ぜているので、厳密には磁器と陶器のハイブリットということになります。磁器と陶器の性質をあわせ持った焼き物である“炻器(せっき)”と言っても間違いではないかもしれません。

 磁器の制作においてはすべての工程において異物の混入がないよう万全に気を使いながら作業します。焼成の際には少しでも風が吹けば砂ぼこりのが窯場に入らないかを心配し、窯出しの際には毎回2割ぐらいの作品に異物の混入を発見しガッカリして気を落すの繰り返しでした。それを16年間繰り返してきたわけですから精神的にも良くないものがかなりたまっていたことでしょう。頭頂部の毛髪が薄くなったこととの因果関係もあったかもしれません(笑)。

 そして今回の土ものの窯だきと窯出し。なんということでしょう!!このストレスフリーの心地よさは…。焼成作品は施釉したものと焼締が半々ぐらい。ワクワクしながらの窯出しの際には数点の作品に窯変がみられました。久々に陶芸の楽しさを思い出すことができました。しばらくのあいだ、素材や焼成パターンを試行錯誤しつつ土ものの制作を続けていこうと思ってます。みなさまにお見せする機会があることを祈りつつ…。

展示会のご案内

202007シエール_0001


宇都宮のギャラリーで展示会があります。磁器作家3名による3人展です。
どうぞよろしくお願い致します。


———————————————-

「-磁器- 3人展(小貫善二・ヘスアルドFブラボ・我妻淳)」
2020年7月10日(金)〜18日(土) ※7/15(水)は休廊
am10:30〜pm5:30

ギャラリー シエール
〒329-1105
宇都宮市中岡本4065
tel.028-671-8212

期間限定WEBショップのご案内(終了しました)

20051201(6月2日追記)期間限定WEBショップ終了しました。ご購入いただきました皆さまどうもありがとうございました! 閲覧いただいた皆さまもありがとうございます。また機会がございましたらこのような企画をしたいと考えてます。ありがとうございました。
——————————————————————–
 5月31日までの期間限定でWEBショップをオープンしました。出品しているものすべて税込価格から15%お安くさせていただいてます。そのほか特価品やB級品などもご用意してます。“ひとり陶器市”がコンセプトの構成です。ぜひごゆっくり、ご覧ください!
 ↓

磁器制作・我妻淳online shop〜5/31
junwaga.base.shop

「BASE」という国内大手のウェブショップサービスを採用してます。セキュリティ面など万全のシステムなので安心してご利用ください。

■ご注文の入力画面でわかりずらい箇所が一部あります。以下のようにご対応いただくとスムーズに進められます。

ご購入に際しては、「ゲストとして購入」を選択

「購入者情報の入力」

「利用規約に同意してPAY IDに登録」のチェックをはずして「次へ」ボタンを押す


どうぞよろしくお願い致します。

伊勢丹新宿店の催事が中止になりました。

臨時休業期間延長のため伊勢丹新宿店での展示会が残念ながら中止になりました。

新型コロナ禍が一刻も早く終息することを願ってます。
みなさまくれぐれもご自愛のほどお過ごしください。

益子陶器市WEB版は5月20日まで開催中です。
一品制作の鉢を出品してます。
下記のリンクから是非ご覧になってください。

■益子春の陶器市WEB版
4/29-5/20
サイトURL
https://dagora.store/collections/d098
<5月11日追記>
益子春の陶器市WEB版を補足する期間限定WEBショップをオープンしました。
ぜひご覧ください。

https://junwaga.base.shop

WEB版 益子春の陶器市

mashikoweb 新型コロナウィルスの脅威はいまだ衰えず、いつもとは異質な“ステイホーム”のゴールデンウィークになってしまいました。例年は益子で開催される春の陶器市でたくさんのお客さまと接している季節ですが、今年はそれもかないませんでした。

 すべての業種で営業に影響を及ぼしている新型コロナウィルス禍。私のような零細な製陶業者も例外ではなく直撃を受けてます。百貨店をはじめとしたあらゆる小売業の店舗やギャラリーが閉鎖し、心を込めて制作した品々の販売の機会が失われています。中止になった益子陶器市も同様です。

 そんな中、益子陶器市実行委員会を中心にネット上での益子陶器市の企画を立ち上げてくれました。151の窯元や作家が参加し私も参加させていただくことになりました。短期間で準備をしてくださったスタッフのみなさまには感謝です。

 実際の陶器市は何百というテントが立ち並ぶのでそれには及びませんが、この機会にサイトをのぞいて益子陶器市を疑似体験してみてはいかがでしょうか? 私は一品制作の鉢を中心に出品します。ご参考までに出品するうつわの画像を掲載します。並べてみると同じような鉢に見えてしまいますがそれぞれカタチやサイズ、表情や雰囲気が異なります。どうぞよろしくお願い致します。

益子春の陶器市WEB版
4/29-5/20

サイトURL
https://dagora.store/collections/d098


<5月11日追記>
益子春の陶器市WEB版を補足する期間限定WEBショップをオープンしました。
ぜひご覧になってみてください。

https://junwaga.base.shop

伊勢丹新宿店・催事出品のお知らせ

20041201臨時休業期間延長のため伊勢丹新宿店での展示会が残念ながら中止になりました。(2020.5.7追記)

新型コロナウィルスの流行は緊急事態宣言も出され予断を許さない状況になってます。毎年ゴールデンウィーク中に開催され多くの人で賑わう益子春の陶器市も中止になりました。ボンビー陶芸家はもともと里山の一軒家にこもって作業をしてます。この状況下で必要以上に引きこもりすぎて先日クルマのバッテリーが上がってしまいました。

伊勢丹新宿店和食器フロアでの催事に出品します。このようなタイミングでの告知もどうかと思いましたが、ひと月後少しでも状況が良くなっている願いも込めてお知らせさせていただきます。状況が許すようでしたらご高覧いただけたら幸いです。みなさまにおかれましてはくれぐれもご自愛のほどお過ごしください。

青磁企画展(3人の磁器作家による企画展です)
5月13日(水)~5月19日(水)
伊勢丹新宿店 5階和食器ツールズマーケット和

※同社のホームページで最新の営業情報をご確認ください。

2020年 益子春の陶器市が中止になりました

アマビエ様 新型コロナウィルスの感染・拡大防止のため益子春の陶器市が中止になりました。全世界で感染拡大が続く未曾有の疫病とも言える新型コロナウィルス。志村けんさんが亡くなったことはかなりのショックでした。小学生のほぼ全期間「8時だョ!全員集合」を視聴してきた世代のボンビー陶芸家です。志村けんさんやカトちゃんのちょっぴりエッチなコントでちょっぴりオトナの世界をのぞかせてもらった記憶もあります。志村けんさんが亡くなって世間の新型コロナウィルスに対する危機感にも変化があったように思います。記憶・記録として記事をアップしました。

陶器市でみなさまにお会いできなくなり非常に残念です。新型コロナウィルスの終息の時期はわかりませんが、秋の益子陶器市でみなさまにお会いできることを祈っております。みなさまにおかれましてもご自身、ご家族の安全を確保してなにとぞご自愛のほどお過ごしください。完全に終息するまで頑張りましょう!

阪急うめだ本店催事出品

19033001 予断を許さない状況が続きますが大阪・阪急うめだ本店の催事に出品します。はし置きがテーマのイベントですが豆皿などもご用意してます。

 一刻も早い新型コロナウィルスの終息を願ってます。アマビエ様ここまできたらもう神頼みしかありません。アマビエ様ご存知ですか。はじめての方はググってみてください。みなで疫病退散祈願しましょう!

—————————————–
「小さなごちそう 私のはし置き」
阪急うめだ本店 9階アートステージ
4月1日(水)~6日(月)
11:00~19:00(最終日は18時まで)

雑感(2020年3月12日)

20031201 日増しに暖かくなりロクロに没頭できる日々が続いております。今朝はうぐいすの初鳴きも確認できました! 桜の開花も例年よりかなり早くなりそうです。ココロ浮き立つ春ももうすぐそこまで来てます。でも今年はいつもとは違う春になってしまいそうです。春の選抜高校野球の中止のニュースも飛び込んできました。記憶に残る春になりそうなので、記録を残す意味も込めて久々にブログをアップしてみました。

 昨日は例年のようにJ-WAVEの番組とともにラジオから流れる波の音を聴きながら14時46分から1分間黙祷を捧げました。今年は疫病退散の願いも込めながら…。思えば9年前の地震発生当日、政府は福島第一原発のメルトダウンを頑なに否定していました。しかし、翌日の水素爆発で全国民が原発の放射能漏れを知ることになりました(なぜか爆発の瞬間の映像は限られたメディアでしか流れなかった!!)。その後も政府の不実な情報によって避難住民が危険な目にさらされたことは記憶に新しいところです。テレビをはじめとした大手メディアの情報もあてにならず、海外のインターネットサイトから放射能プルームの情報を得ていたことが昨日のことのように思い出されます。確か福島第一原発の水素爆発の映像も、発生から数日経って海外のネット経由ではじめて観たように記憶してます。

 さて、連日報道されている新型コロナウィルス。目に見えない正体不明な未知のウィルスに対する恐怖は9年前の放射能汚染に対する恐怖に重なります。政府や大手メディアからの情報にも世間は疑心暗鬼にありつつあるのではないでしょうか。首相が記者会見で、『トイレットペーパーの供給に問題はない』と発言したらトイレットペーパー騒動に拍車がかかったことなどが象徴的なように思います。
 一筋縄ではいかない様相を呈してきた今回の疫病。長期に渡って世界中に感染が拡大し、国内でもさらに感染者数が増えていくと思われます。東京オリンピックのことはもちろん、なにより私の仕事すらどうなるかわかりません。昨日の3.11発生時刻の黙祷で私のように疫病退散を祈念したヒトも多かったと思います。そんな多くのヒトの願いが通じて疫病が一刻でも早く退散してくれることを願うばかりです。

 さてさて、はなしはゴロっと変わりますが愛猫ゴンが逝って半年あまり経ちました。庭につくった墓に毎朝線香をあげて手を合わせているボンビー陶芸家でございます。そのゴンの声が聞こえる、というおはなしです。
 声が聞こえるのは決って朝の5時10分過ぎくらい。猫好きのヒトならおわかりになると思いますが、猫の声には一匹づつ違う個性があります。そして、猫の鳴き方によって鳴き声の意味もなんとなくわかるのです。私の寝ている部屋の窓近くで私を呼ぶように鳴くんです。週のうち3回くらい。ゴンにそっくりの声で…。5回くらい鳴くと立ち去って行くようです。もちろん私は寝ぼけてなどなく毎回枕元の時計で時間を確認しているわけです。
 私の精神状態を心配されるかと思いますが精神状態には問題ございません。たぶん…。